顔太り改善の基礎知識

体重計

老廃物を撃退する

顔の中でも、頬骨周辺に老廃物が溜まりやすいと言われています。老廃物が溜まってしまうと顔がむくみやすくなってしまったり、顔の血行が悪くなってしまったりします。そのため、顔が太ってしまうのです。また、肌荒れの原因にもなると言われているため、肌を綺麗にしたいという人も注意しましょう。

血行を良くする

顔の血行が悪くなってしまうと、顔に脂肪が付きやすくなってしまいます。顔に脂肪が付きやすくなってしまうと徐々に顔が丸くなってしまい、顔が大きく見えてしまう原因にもなります。また、血行が悪いことで顔色が悪く見えてしまう場合もあるため、顔色が悪い人や顔の脂肪が気になる人はマッサージなどで顔の血行を良くしましょう。

ツボを刺激する

顔には幾つものツボがあると言われています。顔にあるツボには、血行を良くしたり、むくみを改善したりする効果があるためマッサージに時間をかけることができないという人は、空いた時間を利用してツボを刺激してみましょう。

顔の筋肉を鍛える

手や足などにも筋肉があるように、顔にも筋肉があります。顔の筋肉も体の筋肉と同様に年齢を重ねることで衰えていきますし、小さくなっていきます。顔の筋肉が小さくなってしまうと、頬のたるみや血行不良など顔太りの原因とも言われる症状が出やすくなってしまうため気になる人は、顔ヨガなどを利用して筋肉を鍛えてみましょう。

小顔効果抜群の顔ヨガ

顔を中心に寄せるポーズ

顔のパーツを思いっきり顔の中心に寄せるイメージをしながら、顔の中心に力を入れていきます。このとき、息を思いっきり吐き切るまで続けてみましょう。このポーズは顔全体の筋肉を鍛えることができるため、小顔になりたい人には最適です。

舌を伸ばすポーズ

首筋が伸びるまで首を上に向け、舌先が自分でも見えるぐらいまで伸ばします。10秒程この状態をキープした後はゆっくりと舌を戻しながら正面をむいていきます。このポーズは、首周りの筋肉を鍛えることができるため二重あごに悩んでいる人は試してみてください。

おでこを動かさないポーズ

おでこが動かないように、両手でしっかりと押さえ目を細めていきます。そして、まぶたの力だけを利用して目を開いていきましょう。このとき、思いっきり目を開くようなイメージで行なうと上手く目の周りの筋肉を使うことができます。まぶたのたるみや、おでこのシワ改善に効果があります。

こめかみを押さえるポーズ

右手で左側のこめかみを押さえて、反対の腕と一直線になるまで首をかたむけます。首を傾けた後は、舌を斜め下に思いっきり伸ばしこの体勢をキープします。時間をかけて、表情筋を使った方法のため小顔だけではなくリフトアップ効果にも期待することができます。

口角を上げるポーズ

下顎を前に突き出して、舌唇を内側に巻き込むようにし上の歯が見えるような笑顔を作ります。頬の筋肉が持ち上がっているのを実感することができれば、うまくできている証拠です。このポーズは、下がっている口角を上げることもできるため印象を良くすることもできます。

広告募集中